検索
  • Hisataka Tanaka

2022 New Coat !!

してゆったりようやく今年最初の作品が出来上がりました。


新型のコートになります。

















岡山県産のモールスキンと11オンス セルヴィッチデニム バックサイドを採用しました。



今回のコートは、身幅とアームホールを広めにしており


ゆったりシルエットでありながら


袖をラグランスリーブにすることにより


今頃だと厚手のニットも着膨れせずに肩のラインがきれいに出ますので


格好よく着こなして頂けます。


春先には、シャツやカットソーと合わせてもらっても


野暮ったくならないようにパターンを仕上げました。













Moleskin Chore Coat "KH22"


いつも通りボタンにも拘ります。


ヴィンテージのボーンボタンをコーヒー染めしたあとに


ブラウン・ダークブラウン・ブラックの染料で


ひとつひとつ染め上げて磨きました。


また


縫製後に幾度か洗いをかけることにより


モールスキン特有の艶が少し落ち着いて


この生地らしい風合いが出始めています。


さらに着込むことにより


持ち主ならではの味をお楽しみ頂きたいです。









サイズ感は、メンズのL 相当になるかと思います。


ご参考までに、


身長174cm 体重62kg の私で


袖の長さが手が半分隠れるぐらいです。(長ければ折っても良いかと思います。)


着丈が膝下5cmぐらいです。


色はカーキになります。


何かと合わせやすい色味で、カッコいいです。



お次は、モルスキンのモスグリーンになります。




















相変わらず渋い色味をしています。


先程とはガラッと落ち着いた印象になります。


デニムやチノはもちろん、今頃だとウールパンツ、


春先だと生成りのホワイト系のパンツにも合いそうですね。









ボタンもそれぞれ表情が異なるものを厳選して縫い付けています。









サイズ感は、カーキのものとおおよそ同じぐらいです。


こちらも経年変化が楽しみなコートです。


Moleskin Chore Coat "MG22"




お次は、11オンス セルヴィッチデニムになります。









Denim Chore Coat "BS22"


デニムの裏側を敢えて採用しています。











横糸にオーガニックのブラウンコットンの糸を使用して織られているため


このような色味と風合いになっています。


渋いです。


格好良いです。


この生地に出会えてよかったです。














この生地には、ヴィンテージのメタルボタンを合わせました。


より粗野な雰囲気が醸し出されています。










ポケットのスレキには、武州藍染のコットン地を採用しました。


岡山のデニムとも相性が良いです。






こちらも、おおよそ同じぐらいのサイズ感です。



今回のコート3点は、


薄すぎず分厚すぎない 丁度良い厚みの生地感ですので、


春先まで長く着て頂けて


トップスを変えることで


一年通して出番が多くなるコートといえます。


重さもそれほど感じません。


「お気に入りのコートだから長く着たい」


「ゆったりシルエットだけど野暮ったくならない」


そんなコートをイメージして作りました。


adequate の新定番に加えたいと思います。


といっても全く同じものは作りませんので、


一点物としてお楽しみください。



adequate 田中




・Moleskin Chore Coat "KH22"


・Moleskin Chore Coat "MG22"


・Denim Chore Coat "BS22"


Adequate HP








閲覧数:133回0件のコメント

最新記事

すべて表示